• トップ
  • > 【イベント】シンポジウム開催 

【イベント】シンポジウム開催 





最近よく耳にするようになった「空き家問題」。

少子高齢化、人口減少の時代を迎え2013年には全国で800万戸が空き家となり、

2018年3月時点で西東京市にも669戸もの空き家があると報告されています。

実際に空き家問題の何が問題なのか?

行政の空き家の対策とは?

昨今興味深い、空き家の活用方法から空き家にならないための対策方法などを知ると共に、

「行政」・「有識者」・市内で空き家の利活用や相談に取組む「ウェスト東京空家ラボ」と共に、

避けては通れない空き家問題と西東京市の街のあり方を考える

シンポジウムを開催することになりました。

とき
2018年11月16日(金)13時30分スタート
ところ
コール田無 地下2F 多目的ホール
西東京市田無町3-7-2
http://www.city.nishitokyo.lg.jp/sisetu/hall/call.html
お申込み
アキラボ事務局(岡庭不動産内)
042(451)6667
info@okniwa-f.jp
参加費
無料
 

PDFのダウンロードは、こちらからどうぞ。




 

ウェスト東京(=西東京市)空家ラボとは

 西東京をもっと楽しく、ハッピーな街にするために、

地域の宅建業者や建設業者等の専門家、そして地元の市民団体が立ち上がり、

結成された「ウエスト東京空き家ラボ」。

2040年には日本の住宅の3件に1件は空き家になると言われています。

「人口が増えている西東京市には関係ないよ」と思われるかも知れませんが、

都市近郊のこの街も例外ではありません。

 もしもあなたが、ある日突然空き家を所有することになってしまったら…。

一体どうしたらよいのでしょう? 

空き家の問題は、もはや街全体の問題。

行政だけに任せるのではなく、自分たちの暮らす街の問題は、

自分たちもいっしょに解決していこう!と

有志の市民や事業者が手を取り合って生まれたのが「ウエスト東京空き家ラボ」です。

 ウェスト東京空家ラボは、楽しい街づくりを応援したい。

そして、貸す人と借りる人が地域で出逢い、顔の見える距離関係で空き家問題を解決できたのなら、

本当にみんなが安心して暮らせる街が生まれると信じています。